Academic GP

総合診療/家庭医療領域のエビデンス構築を目指して

日本で初めてプライマリ・ケアの価値を検証する全国調査を開始

現在進行中の研究プロジェクトの紹介です。

日本で初めて、プライマリ・ケアの価値を検証する全国調査(NUCS)を開始しました

 

背景

 国際的に、疾病構造の変化や医療の地域ヘの移行、医療費による財政圧迫などの背景から、従来のヘルスケアシステムからプライマリ・ケアに重点を置いたシステムへの移行が推進しています。

 こうした諸外国の政策は、プライマリ・ケアの価値に関するヘルスサービス研究の知見に支持されています。例えば、欧米のヘルスケアシステムにおいて、プライマリ・ケアの充実が、臨床指標の改善、住民の健康指標の改善や格差の減少、医療費の減少などと関連することが検証されています。

しかし

・この様な欧米の研究結果を、ヘルスケアシステムの異なる日本に直接外挿することは困難。

・これらの欧米の研究は、地域レベルの生態学的研究が多く、住民個人レベルでプライマリ・ケア機能とアウトカムとの関連を検証した研究は、国際的にもまだ少ない。

といった課題があります。

 

 そこで、私にとって念願だった、日本においてプライマリ・ケアの価値を検証する全国調査を2021年から開始することになりました。

これまで、今回の研究プロジェクトを開始するための基盤となる研究を積み重ねてきました。

 

基盤となる研究

①Japanese version of Primary Care Assessment Tool(JPCAT)の開発・検証研究

 以前にも紹介したプライマリ・ケアの質を評価するJPCATは、プライマリ・ケアの質が住民の健康や行動に及ぼす影響を調査することを目的の一つに位置付けて開発しました。

日本でも、ただ単にプライマリ・ケア医(かかりつけ医)がいるか・いないかだけでなく、提供されるプライマリ・ケアの質も住民の健康や行動に影響するのではないか、という仮説を持っていたからです。

academicgp.hatenablog.com

 

②プライマリ・ケア機能と予防医療指標との関連を検証した多施設共同研究

 これまで私たちは、JPCATを使用し、プライマリ・ケア機能が個別の予防医療指標に及ぼす影響について研究を実施してきました。

例えば、良質なプライマリ・ケアが高齢者の予防接種や女性の癌検診の実施率を高めることを既に報告しています。

link.springer.com

apfmj.biomedcentral.com

 

 ただし、これらはあくまで部分的な指標であり、より包括的なヘルスサービスの指標との関連を検証する必要があります。

また研究目的で公募した医療機関でプライマリ・ケアを既に受けている患者に対象が限定されている点も、限界の一つでした。

 

③プライマリ・ケア機能と受療行動との関連を検証した多施設共同研究

 また同じくJPCATを用い、プライマリ・ケアの質がケアのバイパス(健康問題に対し、患者がプライマリ・ケアを介さずに直接高次医療機関を受診する行動)という患者の受療行動と関連することも報告しました。

link.springer.com

 ただし、この研究も②と同様の限界がありました。

 

 NUCS (National Usual source of Care Survey)の概要

・目的

そこでNUCSはこれまでの研究を基盤として、より内的・外的妥当性の高い研究デザインによって、プライマリ・ケアの価値を住民レベルで、かつ多角的に検証することを目的とします。

 

・強み

日本全国の一般住民の代表サンプルを対象とする

これまでの研究と比較し、より包括的なアウトカムデータを収集

因果推論に必要な交絡因子のデータを幅広く収集

COVID-19パンデミックの影響を踏まえたデータも収集

 

・リサーチクエスチョンの例

①プライマリ・ケア医の有無およびプライマリ・ケアの質が、住民が受けるヘルスサービスにどのような影響を及ぼすか?

 

②プライマリ・ケア医の有無およびプライマリ・ケアの質が、住民の受療行動にどのような影響を及ぼすか?

 

③プライマリ・ケア医の有無およびプライマリ・ケアの質が、住民の健康アウトカムにどのような影響を及ぼすか?

 

このような住民、医療者、政策立案者にとって重要な疑問に答えていければと思います。

結果は論文で公表する予定なのでお楽しみに。